ティナの人物紹介 言葉入り

こんばんは、銀猫です。金曜日の天気予報で「明日の気温は5度、雪になる」と聞いて、恐れおののいて暖房つけっぱで生活しましたが思っていたほどではなく…雪も先週の月曜程降ることはないと言っていましたがいちを警戒してました。
…結果、本日は良い天気で安心。気分よくお散歩までしました(笑)今夜は「気持ち」についてぼやいてみようと思います。
最近、いろいろな状況に出くわして、いろいろ考えることがあるのですが、その中でも「気持ちの持ちよう」という言葉があるように、人間のやる気って大切だな~と本当に思います。
昨年、八年越しのゲーム紅ノ誓刻をやっと完成させることができましたが、実際にふり返ってみると仕事の忙しさに、創作活動をしたいという気持ちにアップダウンがあったことは確かで、ゲームを完成させたいという気持ちが足らなかったなと反省しています。
年を取るごとに自分のための時間は減っていくわけで、あとは時間をどう使うか…考えさせられるところです。
知り合いが一昨年、大病が見つかり生死を彷徨う時期がありました。そのときのその人の様子や表情には言葉で表現すると生気が無い。
やりたいことはあっても諦めの方が強く、目の前に迫る大手術ともしかしたら死ぬかもしれないという恐怖がその人からやる気や願い希望を奪ってしまったのだと思います。
でも、無事に手術が終わり、辛い闘病生活もありましたが、現在はかつてのようにとはいかないまでも元気に過ごせており、仕事にも生活にも覇気が出てできることには自分からチャレンジしている輝く姿を見ると安心すると共に憧れを抱きます。
会話の中で、その人が上司に言われた話をしてくれました。内容はこんな感じなんですけれど…
「そんなにあれもこれもやるなんて生き急ぐことは無い」と言われたと。
他人からそう言われるほど、病気前よりやりたいことが明確でできることを探している。
そんな友人が「死ぬ前にやりたいことが沢山ある。悩んでる暇ないからね」と笑顔で言う。
カッコいい。正直な感想。そして、なんだか、教科書とかに載っていることより、塾で教わることより、もっともっと学ぶことがあり、心にズガーンときました。

『やりたいなぁ、でも、だから、やっぱり…』

なんてぼやいている時間がもったいないのかもしれないと思いました。
時には立ち止まって自分の生き方や考え方を顧みる時間は必要だと思います。
そして、立ち止まるだけでなくてそこで考えたことを活かすために、さらにその先の自分にできることを計画し、実行していくというのが大切なのかなと。
カッコつけてそう言ってみても、これって言葉で言うのは簡単ですが、実際にやるのは大変なんですよね。
でも、それを可能にするのが「気持ち」なんだと思いました。
やりたいなら、それを可能にするためにどうするのか?
病気だろうが健康体だろうが生きる時間には限りがある。
永遠に生きられるわけではない。
それならば、できることを、思う存分やっていきたいと思った、今日この頃の銀猫です。

臭すぎるぞと思われた方!
銀猫も人間ですもの(笑)時には真面目に生き方について考えてみたりしますんで、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

明日また一週間はじまりますね。
寒さはまだまだ厳しいので、お体ご自愛下さい。
上にアップしたMonsters☆Panicのキャラ、ティナちゃんのように前向きに生きていきたいものです(笑)
ではでは、みなさま おやすみなさいませ

応援クリックをお願いします<(_ _)>