あれ?零ってこんな話だっけ?とか考える余裕もなく進んでまいりましたが、ここで一度、立ち止まって振り返ってみたら、驚きと新鮮さで隠していた心のカツラが飛んでいきましたよ。空の彼方に。
今、銀猫の心は、すべすべして光っておりますよ。眩しいくらい輝いておりますって。だって…
そうですとも。
何も怖くないっすよね。ここまで来たら。
今回はイラスト全くなし、とにかく振り返って思ったことを言葉で伝えてみました(笑)
最終回はもっとズドーンと何かがやって来るのだろうか…(武者震い)

応援クリックをお願いします<(_ _)>