こんばんは。銀猫です。今日は十五夜ですね。夜空にキレイなお月様が見えました。特に、銀猫の通る帰り道は小高い丘があり、お月様が手に届くほどではないですが、近くに見えました。
おそらく、下校途中だと思われる高校生もお月様を携帯で撮っておりました。
日中は恐ろしい暑さですが、夕方になるとだいぶ過ごしやすくなりますね。
さて、「ワンダと巨像」「ICO」が発売となります!本当に、名作だと銀猫は思いますのでプレイされていない方がいらっしゃったら是非、プレステ3で体験していただけたらと思います。ゲーム内容はとにかく、シンプルです。
「ICO」では手を繋いで二人で城を脱出することが目的であり、「ワンダと巨像」は愛しい人を蘇らせるために巨像を倒していく。
シンプルがゆえに、多くを語らず、プレイヤーに考える余地を残してくれます。最近のゲームや書籍(とかいうと年寄りくさいが)は”みなまで言う”のが多い気がします。確かにここはどうなのよ!って突っ込みたくなることがありますし、はっきり説明してほしいこともありますが、そこはプレイヤー各々が思い描く世界が全て的な感じがとても好きです。
また、銀猫は宮部みゆきさんが書かれた「ICO」の小説も読みました。ゲーム同様はまりました。
もとから宮部さんのファンではあるのですが、宮部さんの文章能力にはいつも圧倒されます。実際にプレイして通ったあのお城の姿を言葉であんなに細かく表し、その秀逸さに目の前に情景が浮かびました。
このように、いろいろな人の、いろいろな解釈があるからゲームは面白いのだと思います。
現在、エクシリアやリズム天国も買ってしまいプレイしているのでまず銀猫は先にそちらをやりこみます。
昨日、ふらりと寄ったレンタルショップの中古コーナーで見つけた「リズム天国」を買ってしまいました。
リズム天国はDSでプレイしたことはあったのですが久々のプレイです。
とにかくむずい。ハヴィなんかは結構ハイレベルでクリアしてメダルを沢山集めるんですが、銀猫は本当にリズム感が無い。このゲームをやるとそれが嫌ってほど分かる(涙)
自分では押してるのに!結果的に押されていない…わけです。でも、練習すれば少しずつ先に進めるので諦めずにチャレンジしていきたいと思います。
「calling」以来、WIIソフトは久しぶりなので電池が充電されていなくて困りました。エボルタ電池が続く限り練習してメダルを沢山集めたいと思います。

さて、現在、pixivに投稿するべくイラストや小説を作っております。アップが出来ましたらサイトで勝手にお知らせさせていただきますので見てくださったら嬉しいです。
ではでは~

応援クリックをお願いします<(_ _)>