2014年11月2日 のDEKO-GANG

可愛い…今回の主人公、不来方夕莉は一生懸命で好感が持てた♥

14-11-02 日記


何度か書きましたが、主人公の気持ちに共感できない作品はプレイしていて苦痛ですが、今回はそういう意味では入りが◎でした。夕莉の一生懸命さ、健気さが良い!
そして、なんすか!この可愛い恰好は!?
…明らかに製作者側の下心を感じるこのコスチュームに、サラッとやられて鼻血噴射。でも…天野月さんの曲を聴くには、白無垢じゃないとダメなんで…悩むところですが…
水着最高。
深羽ちゃんのは出過ぎで、銀猫はどちらかというとちょっと恥じらいのある夕莉ちゃんの水着が最高です♥あ、恥じらいって言っても通常で考えたら出過ぎで破廉恥ですが(笑)

ああ、何度言っても言い足りない。ので再び

14-11-02 日記

まあ、きっと妹は妹でこんな感じだったのかな…と。

14-11-02 日記


あ、銀猫は零3のEDで優雨と怜の会話の中で、「君が消えたら僕まで消えてしまう…」みたいなセリフがあり、そのあと怜のおなかが映ったので、もしかして怜さんのお腹には優雨の子どもが宿っていたりして?
という淡い期待を抱いておりました。で、今回の漫画にその淡い期待を入れております。
まあ、メインは狂人雛咲(妹)ですけれども…
ああ、恐ろしい女だ…(涙)
で、まずは夜泉子の存在を調べて、子どもをつくってみたけれど、子どもは男の子じゃないし、やっぱり、兄さんが居ないと嫌!と次に見つけた幽婚の情報をもとに家を飛び出したのでしょう。
…まったく、思い立ったら吉日なのは兄同様ですな。