2014年9月 のDEKO-GANG

零 ~濡鴉ノ巫女~めちゃこえええ!想像妄想で恐怖を緩和しながらプレイ続行(笑)!!!

14-09-29 日記

零 ~濡鴉ノ巫女~ついにプレイはじめました!怖い!広い!そして射影機の使い方が未だ慣れない!テレビ画面を食い入るように見ていて、敵が出現するとパッド の方に視線を移して、ボタン押して……年寄りにそんな器用な真似ができるかぁ!!!と思わず買ったばかりのWIIuパッドを床に叩きつけるところでした (笑)あれ押してこれ押して…最近のゲームは難しいのぉ~定年退職しても現役ゲーマーでいたいのでどうかシンプルな操作でお願いします(爆)
さて、本当に黒澤さんの胸は揺れます。癒されます(笑)零4のルカちゃんにくらべていくらか人間味ある夕莉ちゃんは余計に可愛いです。と、いうわけで、ちょくちょくプレイ日記あげていきます。恐怖から逃避する銀猫をご覧ください!怖いんじゃぁ!

 

 

まだ、はじめたばかりですが、今回の零はビジュアルもかつての零を思わせてとても綺麗に、丁寧にできている印象を受けました。
登場人物も人間らしい感情を持っていて好感が持てます。ダンジョンの広さにはビビりますが…何!?零ってそんなに広がっている世界を歩き回るゲームだっけ?
と思うことはありますが(笑)これも新しい試みということで頑張ります。
…ただ一点、厳しいな~と思うのは操作性。おそらく登場人物になりきっての臨場感を味わうためにそうしたのでしょうが、テレビ画面だけで完結しない操作法がいかんせんイライラします。
序盤でこれなので、後半が心配大。…まあ、慣れていけばいいじゃんとも思いますが、プレイヤーはこの点を以前までの零と考えると厳しいかもしれません。
wiiuででるわけなんで、操作法は変わって当然なのですが…画面を見ながら、パッド画面も見ながらって結構しんどいし、ストーリーに必須のセリフとか読んでられない。
で、霊リスト…これ今回、やばいですわ。写真を撮るタイミングとかだけじゃなくなってるところがヤバい。銀猫のような頻繁にいろいろなゲームに触れるなんてことをしない、自分の好きなタイトルしか基本プレイしないとかいうやつにはかなり厳しい。霊リストはサブ霊たちの情報があげられていて、毎回、本編とは別にかなり楽しみにしているのですが、零4では完結しないバグがありましたし、今回は●●しないとそれが完結しない。…そっと涙をぬぐいながら、とにかく万葉丸のおっちゃんと御神酒水のおねえちゃんと、鏡石のおばあちゃんを拾えるだけ拾っていざ、出陣いたします!
また、プレイ日記をあげていくので、お時間があれば読んでやってください~♪

霊リスト

発売したぜー!零!!!完全新作!届いて現在、wiiuつなぎ中!

14-09-28 日記

やったー!ついにきたきたきたきたきた~これからやりますぜ!
みんなで寿命を縮めようぜ(笑)
さっそくこええええええええ!!!(錯乱中)
これが俺の射影機!頑張ります!中央の稲川さんはツアーの戦利品(笑)
気合い入れて山に探索行ってきます!

 

ついに明日は、零~濡鴉ノ巫女~発売!!!

14-09-26 未分類

待ってましたよ~真紅の蝶からずっと。今回は、完全新作!
心躍って寿命は縮めて!でも、やります、プレイしますよ!そりゃもちろん♪天野月さんのツイッターみて思ったのですが、零4月蝕の仮面は主人公が3人いましたよね。で、それぞれのシナリオライターさんが居たとのこと。だからあんなにバラバラな展開でちぐはぐして終わってしまったのかと思いました。3人視点は嫌いではないし、それぞれの主人公の感情や考え、生い立ちが分かり、本来なら物語がとても深くなるはずなのですが…はっきりいって4は補完するべきことがありすぎて訳がわからないまま終わってしまった感じでした。釈然としない展開やラストにイライラすることも。それは理不尽だからということではなく、物語が破たんしていた感じを受けました。今回も3人主人公。それぞれの思惑や道のりがあってもよいのですが、最終的にはメインどころの主人公が、話をしっかりとまとめて終わらせてほしいです。3人いて、物語への切り口が複数あっても、最終的には一人に帰結して物語をまとめてほしい。そういう意味では、零3は素晴らしかったです。
明日からプレイしてまたいろいろサイトをにぎわせますので、よろしければ見てやってください~♪