2011年5月 のDEKO-GANG

あくまで天使・3

11-05-17 小説, 日記

(陸)「ああ…俺は…罪を犯して、なお生きている…」

(ミルク)「…泣かないでください」

(陸)「あ、貴女は…」

(ミルク)「悩んではいけません。貴方は無罪です」

(陸)「ああ…女神様!本当です!?」

(ミルク)「そうです…人とは生きているだけで罪深い存在なのです。他を食らい、技術を手にして、摂理に逆らい生きている…」

(陸)「…人が罪深い生き物なら…俺は、俺はどうしたらいいのですか…」

(ミルク)「絶望してはなりません。…生きていること自体が罪になるのなら……」

(陸)「なら…?」

(ミルク)「いっそ、大罪を犯してしまった方がお得ですぅうう!!!ちっちゃ罪ではもったいないですよぉ♪」

(陸)「あほかぁぁぁぁあぁっぁあぁ!!!!俺のシリアス路線を返せっっっっっぇ!!!!」

ガツンッ!!!
(陸)「ぐは…」

(ミルク)「もう!行数の制限があるのに、いつまでも聞き分けないからですよ!ちょっと実力行使しちゃいますからねぇ!…えぇっと…手っ取り早く術をかけて話を進めましょう♪」

(タケル)「おにいちゃに酷いことしないでください(涙)」

(まなぶ兄)「ただいまぁ…おやぁ?お客さんですか?珍しいですね」

(タケル)「あ、まなぶお兄ちゃん!!!おかえりなさーい♪」

(まなぶ兄)「今日は早上がり出来てね。久しぶりに僕が夕食を作ろうかな」

(タケル)「やったぁ~まなぶお兄ちゃんの料理も大好きだから嬉しいなぁ!」

(ミルク)「きゃぁ!素敵なお兄さま♪メガネでスーツイケてますぅうう♪」

ふらり…

(まなぶ兄)「あれ?陸、おはよう。今まで寝ていたのかい?」
(タケル)「お兄ちゃん、大丈夫?」

(陸?)「…おい…タケル、まなぶ兄…こっちに来い…」

ガシっ

(まなぶ兄)「…そっちは寝室だよ?陸、どうした?」

(タケル)「お兄ちゃん?どきどき…」

スッ

(ミルク)『…あ、ふすまが閉められましたぁ。なんか…不穏な空気が?』(放置ですけど)

…………

(ミルク実況中)「あああああ!つ、ついに!覚醒してしまった立山 陸はっ再び弟と帰宅したばかりのお兄さまに無理矢理りりりりりり!!!きゃぁぁぁぁぁ!!!そこはっっ…ゲフンゲフン(興奮)」

(ミルク実況中)「しかし、弟の突然の思春期の反抗が到来したと錯覚した心優しい、もとい、天然ボケのお兄さまは必死に更正させようとして(そんな馬鹿な!陸は21!)逆に陸に、調教されっゲフンゲフン…」

(ミルク実況中)「全くもって状況を理解していないお兄さまとは逆に、二度目の----ゲフンゲフン
…無抵抗な弟を担ぎ上げ----っおおおおおお!!!弟は嫌がっていないのかぁ!?為されるがまま…ああああそんなことを…ゲフンゲフン!!!というか、タケル君は、一般人に戻れるのかぁぁぁ!!!末恐ろしいィイイイ!!!(絶叫)」

(ミルク実況中)「きゃぁぁぁぁそんな凄すぎます!なんて激しい---ゲフンゲフッ!!!」

(ミルク実況中)「そーしーてー
やっと今朝、三日目にして二人は悪夢の調教から解放されたのです!興奮のあまり、実況中かなり咳き込みお聞き苦しい点はご容赦下さい…では、以上で現場からの中継を終わりに…」

ゴン!!!(鉄拳)
(陸)「もういい(怒)」

(ミルク)「きゃぁぁぁぁ!!!痛いですぅううう!!!3日も一生懸命実況していたのにぃいい!!!ひどいですぅうう~泣いちゃいますぅうう」

(陸)「…おーまーえー(怒)まだ居たのか!ってことは…やっぱり夢じゃねーんだな…夢なら良いのに…」

(陸)「なぁ、昨日、俺、どうした?…お前に殴られてから記憶が無くてよ…寝むっちまったのか?なんか、腰が怠いって言うか、重いっつーか…変だよな」

(ミルク)「あ、あれから既に3日経ってますぅ♪」

(陸)「え!!?」

(ミルク)「覚えていないんですか?何も?」

(陸)「ああ」

(ミルク)「全くもって全然?」

(陸)「おうよ」

(ミルク)「あら~もったいない。では、そちらのふすまの中をご覧下さい。真実は一つです」

(陸)「ん?寝室?なんで…」

ガラッ

(陸)「失礼しまーす」

……………

………………

…………………

(陸)「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!」

(ミルク)「きゅぅううん…私、犬耳なんで、そんな声出さないでくださいぃぃぃ(涙)」

そして…

(ミルク)「なぁーんで記憶全部消しちゃうんですかぁ?もったいないですぅ~きっちりサッパリお二人を調教できたじゃないです…」

ゴッ!!!(ゲンコツ)

(陸)「アホかぁぁぁ!!!して、どうする!!!」

(ミルク)「痛いですぅ~暴力反対ですぅ~(涙)」

(陸)「てめぇのは、暴力よりたちが悪いんだよ!!!だいたい、何だ、ふすまの向こうの「あなたの知らない世界」は!!!俺を見てなんで二人が『ご主人様』って言うんだよ!!!俺は俺は…何をしてしまったんだ……」

(ミルク)「あ、お兄さまは“あなたの知らない快楽の世界”を知り、癖になってしまったようで、弟さんは、もっと虐めて欲しいと完全にMに目覚めてしまったようです」

(陸)「いちいち解説するなぁぁぁぁ!!!!……あああああ……俺は…もう…何もかも失った…失っちまった…(涙)」

(ミルク)「でもぉ、その代わりに、テクニックだけレベルアップしたじゃないですか~♪えへ♪」

(陸)「嬉かねえんだよ!!!!!!(怒怒怒の叫び)」

(陸)「……ああ…愛もクソもねーよ…家族まで失って…そう、そして誰も居なくなった…(号泣)」

(ミルク)「え~私が居るじゃないですかぁ~泣かないでくださいよぉ~」

(陸)「そうだよ!!!お前は、俺と一生一緒に居て責任取れよ!!!」

(ミルク)「!」

(陸)「ずっと離れるんな!いいな!!!」

(ミルク)“どきどきどき…”

(陸)「返事は!」

(ミルク)「はぁい!!!ずーっと陸さまとご一緒しますぅう!にゃははは♪」

(陸)「あぁ!?(怒)何ではしゃいんでんだよ!!!行くぞ!安息の地を求めて!!!」

(ミルク)「はぁ~い♪」

あくまで天使・3 END

ときメモGSに再度、ぱっくりはまった銀猫です(笑)

11-05-16 日記


佐伯 瑛~瑛~瑛~
大親友モード切なすぎです(号泣)
こんなやつにこんなに尽くされたら、本命消えちゃうだろうって。
今夜は、勝手に「ときめも」について語らせてください。
実は、銀猫はPS2ではもうやりまくっていたんですけど、なんか、ときメモ3がDSで出たって知って、密林とかで調べていたら、1と2もDSになって新モードも追加されてると知りました。
内容同じだし、買うまでは…と思ってたんですけど、プレビューに「やらないと損!」と書いてある人が結構いて、ちょっくらやってみるかとおもわず、3つとも買っちまいましたよ(笑)
何か、お触りモードとか、大接近モード(は2と3だけ)があると書いてあって、書いてある内容だけで爆笑してたんですよ。これはギャグだな。と、まさかこのときはこんなに切なくなるとは思ってもいませんでした。
で、郵便事故を経て、やっっっっと手に入った、ときメモ1・2・3♪

攻略本も3巻とも買いましたが、1は、そこはかとなくこなし、圭くん最高、氷室先生バカウケと思っておりました。
で、2!!!
声高々に言いますが、僕はPS2時代から2が好きだったーーーーーー!!!
2最高!!!!!
ってなことで、DSも期待大。で、さっそく、プレイ。佐伯くん。彼は、学園のプリンスにして嫌味とチョップの帝王(笑)です!
でも、そんな彼だから、事故ちゅーしてから恋愛に発展してしまうと、もう可愛いのなんのって(笑)
お触りモード…あれ、マジ受けます…おっと字が違う。ウケます。
これ、男性用ときメモでは18禁以上になるんじゃね!とツッコミを入れました。GSでは、男の子を挑発しまくる主人公が可愛い♪そして、そんな小悪魔の主人公に弄ばれて、でも、嫌われたくなくて手を出せない男の子達の悶える姿が可愛い(最低)
あ、…なんかとんでもないというか、銀猫の人格を否定されそうなので、本題に。

佐伯 瑛の大親友モードが切なくていいいいいいいいいいいいいい(それが本題カヨ…)
機会あったら是非、やってください。
てゆうか、どの男の子も親友モードは切ない…
大親友モードは佐伯 瑛を一番最初にやったんだけれど…
親友モードに入るイベントとして、主人公が楽しげに本命の男の子に自宅まで送ってもらったところに佐伯君…出くわしてしまうわけなんですが。このときには、すでに主人公のこと好きかな…?ってくらいに佐伯君の気持ちがなっているわけで、目撃の後、気まずくなって佐伯君は帰ってしまうんですが、そんな佐伯君に主人公は「好きな人ができた」とうち明け…
「そうか…好きな人できたんだな。」
って佐伯君!主人公が好きなのね…その切ない表情は!でも、主人公は別の男の子が好きという状況。で、結果、佐伯君は主人公を好きなのに、親友として応援するという状態になるわけなのです。

めちゃセツネー(何度も言いますが…)

一生懸命、主人公を応援し、主人公と接していくうちに、やっぱり、主人公への思いが溢れて
親友愛情モードに突入。
友情が愛情に変わる時の台詞なんて…主人公ともっと一緒にいたくて、帰りたくない故に必死でとりとめない会話をつなげようとする佐伯くんの姿が…めっちゃくちゃ切ないです。
つーか、佐伯くんの声優 森田さん最高♪♪♪歌も上手いし、出てる!若い男の子の切なさが!
で、うっかり、佐伯のキャラソンなんて聞いちゃったのでさらに、号泣。
佐伯…
森田さん
コナミ…
最高っす!!!(T_T)/~~~

恋愛シュミレーションって倦厭しがちな方もいらっしゃいますが、これは作り込まれていますよ。
なんか、人間模様がドラマみたいです。まあ、作り込まれすぎて、3はシステムがめちゃくちゃ面倒くさいですが、人物描写は流石だと思いました。ツボが分かってやがる(笑)
結果、2は、男の子達の大親友モードが見たくて見たくて、それだけ終わらせて3へ行きました(時間がつくれたら、こんどは通常エンドもやってみたいですが、PS2でディスクがすり切れるくらいやったので(笑)いつか時間ができたら~)
というわけで、ちょっと学生時代に戻って淡い恋心を疑似体験した銀猫なのでした。
まあ、現実は非情ですからね~ちょっとは夢みたいですよ(笑)
ではでは~明日からまた頑張るぞ~(^_^)v

こんばんは 帰還しました。

11-05-06 日記


本日はコミティア96に参加し、HA-RUとの打ち合わせを経て、今、帰宅しました。
朝、ギリギリまでかかって準備した『君に捧ぐ未来~体験版~』を配布することが出来、
とても嬉しいです。接客の至らないボク達のスペースにお声をかけてくださった方、体験版を
受け取っていただいた方、本当にありがとうございました。

反省は、【紅ノ誓刻】のポスターやパンフは用意していたのですが、『君に捧ぐ未来~体験版~』の説明的なパンフやポスターが見にくく、「このゲームのジャンルは?」とご質問を受けたことです。次回は、ジャンルや、あらすじなどハッキリと表示していきたいと思います。
また、コバ★銀の『忘れし彼方の君の姿』をご購入いただいた方々、本当に本当にありがとうございました。ツールがコミックメーカーということで、申し訳ない気持ちでいっぱいですが、銀猫処女作品なので、本当に嬉しいです。
初めての作品と言うことで、確認を何度も行いましたが、起動時のトラブルなどがありましたら、お手数ですが、『君に捧ぐ未来』体験版(ディスク内 取扱説明書)に明記してあるメールアドレスまでご連絡下さい。すみません。
また、感想などもこちらのメールアドレスにいただけたら泣いて喜びます。

『君に捧ぐ未来』はプログラム担当がハヴィなので、Nスプになっています。
体験版にスチル、背景が音楽の調整を行い、夏に発売予定ですのでチェックしていただけたら
嬉しいです。
また、今冬コミ(受かると良いな)では、育成ゲームを発売予定です。
ハヴィは白目剥いていましたが、作成は本日より開始です。乞う、ご期待です!

HA-RUは…
エルシャ○イにはまって…ホント、手が付けられなくて…
銀猫   「HA-RU…君、ゲームのイラスト担当だって分かってる?期限大丈夫だろうね?」
HA-RU 「大丈夫だ…問題ない。」(イー○ック風)
って言っていたので、信じてるからね!!!

ではでは
本日は本当にありがとうございました(*^_^*)