2010年4月30日 のDEKO-GANG

今日は、お姉ちゃん大好き、優目君です♪

10-04-30 日記

今日の立ち絵は、なぜかこれだけは色つきで送られてきた、優目くんの不敵な笑みです♪笑顔にも見えますけど、彼はいろいろ悶々としているので、果たして心の底から笑える日が来るのかは…プレイヤーの皆様の手に掛かっております(笑)
相も変わらず…というか益々、銀猫的にはストライクなんですけどね。
昨日、それぞれのキャラと主人公との(恋愛要素を含む)会話のテキストが出来上がったので、ハヴィに読んでもらったんですけど…まあ開口一番、彼はこう言い切りましたよ。

『優目の気持ちは理解できない………優目のプログラムは自分でやってくれないかな…』

       『耳は閉店したので聞く耳もちません。』BY銀猫

誰に何を言われても、いいんです。私の心の中では優目君はピュアってことで処理されております(笑)

さて、今日またHA-RUに会いに行きました。だってあの人、立ち絵の予定を大幅にぶっちぎって、大丈夫か…って感じなので、直談判に行って参りました。まあ、HA-RU的には、銀猫だって人のこと言えないじゃん!ですけどね。確かに。
とにかく予定が押しまくっているので、気持ちだけは焦っております。なのに、二人ともニコ中○にかかり、ほぼ毎日ニコ○コ動画を見ては、脳味噌のキャパを占領されています(-_-;)
だって…みなさんアップされている内容が凄い。ほんとにどうやって考えてるんだろうって…感動です。

あ…また話逸れましたので戻します。
というわけで、(どういう訳かは不明)明日は、とにかく2日のイベントに向けて、コジマと家を往復しながらもう5年物のXPに頑張ってもらいながら準備いたします。本当は、印刷所に頼んでいろいろ出したかったんですが、もう…なんていうか…
という状態でして……。

そんな中、突然HA-RUが何を思ったか、一言。
『次回作には、こんな髪型の二人を作ってよ。この髪型が描きたいから。』

『え?なに?ジカイサク…?それ日本語ですか?』
まずは紅ノ誓刻のたまりに溜まった立ち絵とスチルを描かんかぁぁぁぁぁいいい!!!
と叫んで、また気の強いHA-RUと大喧嘩になるわけですm(_ _)m

今夜もまたニ○道をお供に、分岐シナリオに精を出しやす!!!
それでは~!!!