ちょこっと☆ブレイク♪

こんばんは!いやはや、大逆転裁判終わりました!

21-09-07 お知らせ, ちょこっと☆ブレイク♪

いいい!ホントに、いいいいい!!!
思わず、画集2冊、買っちゃいましたよ。みんな大好きだ〜♡
現代のナルホドくんより、ご先祖様の方が好きかもしれない(*^▽^*)くらい、いい作品だった。
キャラがちゃんと立っててよかった~(*´Д`)♡
ラストのナルホドーと亜双義の朝日のシーンがとってもジーンときました。銀猫は、1,2セットで買ったから、伏線回収が楽でしたが、発売当時は、2までに、2年もあいたわけだからきっともっとじれったかったかと思います。
それにしても、3Ⅾがいい。シャーロックホームズのキャラが立っているのも、あの動きが絶対に一役買っていますよね!バンジークスもしかり。
あと、フルボイスじゃないのもいい。これは、賛否両論あると思いますが、銀猫的には、あのテキスト量、すべて話されたらちょっときついなあと。
よくよく考えると、新サクラ大戦も神山の声、最後の方で、入れるの止めたんだけれど、早めにやめておけばもっと没入感があったかもしれないと思いました。イベントによっては、もちろん声があることは有難いですが、声が入ると、当然、そのキャラが印象が強くなり、特に主人公に感情移入する銀猫としては、主人公がしゃべりすぎるのは苦手かもしれません。掛け声とか、特定のイベント時には、欲しいですが…
それにしても、本当に好きすぎて、ロスです。ロス。

で、ランキング見て、歴代人気作品として上位に挙げられていた、逆転裁判3をプレイし始めました。途中で、大逆転裁判に浮気してしまった…のですが…(笑)
早速、サイコロック、解除しに走ります(笑)
まだまだ、週の半分ですが、残りも、しっかり働きたいと思います。
みなさま、よい夜をお過ごしください。

銀猫

ちょっこっと☆ブレイク♪第11回

10-02-02 ちょこっと☆ブレイク♪


こんばんは。
今回は、冴月先生について。
冴月は、主人公に対して「先生」という立場になること以外は、最初の設定が残っていません。
他の登場人物とは違う立場で、主人公に関わってくるのですが、その立ち位置が、冴月の魅力になると思います。性格も、他のキャラとは突出して違います。風貌がそれを物語っていますが…。
HA-RUが趣味爆発で描いていて、キャラの性格に唯一、口出ししてきました(笑)
彼については、HA-RUの助言が大きく影響して作られています。今後、イラストなどHA-RUが趣味爆発で上げてくると思うのでお楽しみに~。

冴月
彼の目的はただ一つ。
『復讐』
愛する者を奪われた悲しみと憎しみだけが彼の生きる糧。
“単調な行為の繰り返し…光の失せた世界…”
彼は日常という名のカオスの中で何かを必死に探しています。
彼の瞳が光を灯すことがあるのでしょうか…。
最期に残るのは…動きを止めたままの心の針か…
それとも…真実の心か…

ちょこっと☆ブレイク♪第10回

10-01-27 ちょこっと☆ブレイク♪

 


今回はふぉあふぉあさんですね。ふぉあふぉあさんについては、謎の多い人物なので、まだ多くを語れませんが、とにかくHA-RUも銀猫もお気に入りのキャラです。二人ともふぉあおふぁさんの顔が好き(笑)さらに、HA-RU的には描きやすいそうです。銀猫は、HA-RUからふぉあふぉあさんのラフ画が送られてきた時点で、やられました…。なかなかHA-RUとはキャラのイメージが異なることが多いんですが、ふぉあふぉあさんに関しては心が通じましたね(笑)で、知らないうちに、HA-RUのこだわりのもと、髪の毛の色とか、瞳の色とかが決まっていきました。彼のストーリーですが、元は物凄い突飛な展開でしたが…何度も書き直されました。どの登場人物もかなりの訂正、加筆が行われていますが、設定段階から大きく変化して、跡形も残っていないのは、おそらく、登場人物の中で、ふぉあふぉあさんと冴月くんくらいですね(汗)
さて、ふぉあふぉあさんですが、主人公に対して、良い意味でもそうでない意味でも、裏表なく接する人物です。綾鷹とは別の意味でお兄さん的な存在です。

人知れず、重ねる逢瀬のなかで、芽生える感情が二人の未来を変えていきます。決して明かさない名前。なぜ、本名を教えてはくれないのか…彼は誰を探しているのか…。彷徨うその手をどうか離さずに、彼の望んだ未来を一緒に探してほしいと思います。