待ってましたよ~真紅の蝶からずっと。今回は、完全新作!
心躍って寿命は縮めて!でも、やります、プレイしますよ!そりゃもちろん♪天野月さんのツイッターみて思ったのですが、零4月蝕の仮面は主人公が3人いましたよね。で、それぞれのシナリオライターさんが居たとのこと。だからあんなにバラバラな展開でちぐはぐして終わってしまったのかと思いました。3人視点は嫌いではないし、それぞれの主人公の感情や考え、生い立ちが分かり、本来なら物語がとても深くなるはずなのですが…はっきりいって4は補完するべきことがありすぎて訳がわからないまま終わってしまった感じでした。釈然としない展開やラストにイライラすることも。それは理不尽だからということではなく、物語が破たんしていた感じを受けました。今回も3人主人公。それぞれの思惑や道のりがあってもよいのですが、最終的にはメインどころの主人公が、話をしっかりとまとめて終わらせてほしいです。3人いて、物語への切り口が複数あっても、最終的には一人に帰結して物語をまとめてほしい。そういう意味では、零3は素晴らしかったです。
明日からプレイしてまたいろいろサイトをにぎわせますので、よろしければ見てやってください~♪

応援クリックをお願いします<(_ _)>